妊娠中

やっぱりお腹の赤ちゃんの様子が気になる!できることってある?

お腹の赤ちゃんが健康で無事に生まれてきて欲しいと思うの
は母親も父親も共通の願いですが、特に高齢夫婦の場合はダウン症などの
染色体異常が起こる確率が上がるといわれているため、心配は尽きません。

 

胎児の発育状況が心配なときは、
胎児スクリーニング検査と呼ばれる検査を受けるのがおすすめです。

 

妊娠初期か中期に受けることが出来るもので、超音波検査や血液検査、
羊水検査などを受けて胎児が染色体異常を起こす可能性を調べていきます。

 

ある程度大きく成長すると超音波検査で身体の形状に異常が無いか、
心臓の動きに異常は無いかなどを把握する事が出来るため、
何らかの障害を持っているか把握する事が可能となります。

 

また、妊娠初期の場合は胎児の神経管閉鎖障害を予防するため、
厚生労働省が推奨する葉酸の栄養摂取をきちんと行うことが重要です。
障害リスクを低くする事に繋がります。

 

そして妊娠後期になっても逆子が治らない場合、
必要に応じて産院で逆子体操の指導を受けましょう。
安易にセルフケアで逆子を治そうとするとお腹が張るなどの悪影響を及ぼすケースが多いため要注意です。

 

このように胎児の発育が心配なときに親がしてあげられることは沢山あるため、
気になるならば自分ができる事からしてあげると良いでしょう。

 

妊活!葉酸サプリメントは含有成分にもこだわって選ぼう

 

私が葉酸サプリメントを飲み始めたのは、妊娠、妊活において、
葉酸という栄養素を摂取する事が大事だと言うことを知ったからです。

 

子供が欲しい!と思った時から、授かる為の色々な情報を、雑誌やネットで集めました。
葉酸サプリメントもその中の一つで、葉酸には胎児の先天性異常の発生リスクを抑え、
新しい細胞や血がつくられるサポートをする栄養があるため、
女性は妊娠する前から摂取することが望ましいと言うことを知りました。

 

早速、葉酸サプリメントを摂取しようとドラッグストアに行ったものの、
色んなメーカーが色んな種類の葉酸サプリメント出しており、どれを選べば良いのかわかりませんでした。

 

当時の考えでは、とりあえず、毎日飲むものなので、
値段が安価で経済的に続けやすいもの!という安易な考えで、
ネイチャーメイドの葉酸サプリメントを飲んでいました。

 

30日分で安く売っているところであれば、5?600円程度だったと思います。
三年ほど、そのサプリメントを服用していました。
黄色い、飲みやすい大きさのタブレット状で、1日の摂取量も2粒ほどで、毎日特に苦もなく続けることができました。

 

飲み始めてから、特に体調が良くなった、ということも私は感じませんでしたが、
子供を授かる為の体の準備、また、子供を授かることが出来たなら、
少しでも胎児の先天性異常の発生リスクを抑える効果をもたらしてくれる事を願い、
「お守り」のような気持ちで飲み続けていました。

 

毎日葉酸サプリメントを飲んでいることで、「いつ子供が出来ても安心!」という気持ちになり、
摂取している葉酸サプリメントの構成成分や、効果について調べることや、
他社メーカーのサプリメントと比較することを全くしていなかったのですが、
ある日、なんの気無しに見ていたネットの情報の中に、
色んなメーカーの葉酸サプリメントを比較をしているページをみつけました。

 

その中には私が服用しているメーカーのサプリメントについても記載があり、
妊活をしている人や妊婦さんが摂取する葉酸サプリメントとしての評価は、
あまり良いものではありませんでした。

 

評価が低かった理由としてあげられていたのは、
葉酸以外のビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンCといった葉酸の吸収を助ける成分が含まれていないことや、
葉酸の栄養素以外、添加物で構成されているという点です。

 

これではせっかく毎日摂取していても肝心の葉酸が体内に効率よく吸収されていないのではないかと考え、
早速他メーカーのサプリメントに切り替えました。

 

切り替えたサプリメントは、「AFCの葉酸サプリ」です。
妊活中、妊娠中の方へ向けたサプリメントであり、
含有成分も葉酸、ビタミン、鉄分、カルシウムと申し分無く、価格も比較的続けやすい設定になっています。

 

このサプリメントに変えてすぐに妊娠に繋がったという訳ではないので、
妊娠に対しての効果としては、私の中では「?」ですが、
授かった赤ちゃんに対して、すこしでもリスク対策をしていると思える点では、とても満足しています。

 

葉酸という栄養素が、妊娠さんにとってとても大事なものである事は知っていても、
私の様にとりあえず飲んでおけば良いだろうという人もいるかもしれません。

 

せっかく毎日摂取するものですし、お金もかかっているものです。
少しでも効果の高いもの、構成成分にもこだわって、毎日続けて摂取することが大事なのではないかと思います。